膝の痛みの原因は? 治療には整体に通うことがおすすめの理由!

膝の痛みの原因は? 治療には整体に通うことがおすすめの理由!

人生の質を落としてしまう膝の痛み。実際にはどういった原因から膝の痛みが発生するのでしょうか。そして、膝の痛みの治療法も気になるところです。本記事では膝の痛みの原因とその緩和法には整体に通うことをおすすめする理由を解説いたします。

膝の痛みの原因は?

膝の痛みはさまざまな要因から引き起こされます。筋肉の損傷で合ったり、血液が溜まってしまって腫れが伴ったりといろいろな原因が考えられます。この項目では、基本的な膝の痛みがどのように引き起こされるのかを解説します。

自分のライフスタイルや年齢を確認することが原因の特定に役立ちます。また、年齢的な問題がなく、健康的な生活を送っている人でも意外と膝に負担をかけていることが多いので要注意です。

若い人はスポーツが原因かも

膝の痛みの原因は主に年齢的な要素が多くを占めますが、比較的若い人でも膝の痛みを引き起こしてしまいます。緩急の動きが激しいスポーツや、屈伸運動を激しく行うスポーツを行っている人は膝の痛みが起きやすいです。

バスケットボールやバレーボールといったスポーツをしている中学生が膝の痛みを抱えている場合が多いです。これはジャンプの屈伸運動、スピードアップ・スピードダウンといった緩急の激しい動きによって通常よりも膝に負担がかかっているからです。

これらの動きによって筋肉や半月板、軟骨の損傷から炎症が起こり、痛みが発生するというわけです。

関節の内側が痛む場合

関節の内側が痛む場合には、内側半月板や軟骨が損傷している可能性があります。またスポーツをしている方は鵞足炎から膝の内側に痛みが発生する場合も少なくありません。またそのほかにも膝の摩擦を軽減する軟骨がすり減って慢性的な痛みを伴います。

軟骨は摩擦がほとんどなく、通常であればすり減ることはほとんどありません。そのため、膝軟骨が摩耗してしまっている場合には、膝のバランスを保つ靭帯に異変を起こします。

関節の外側が痛む場合

関節の外側が痛む場合には、筋肉系統の損傷が考えられます。日常生活の行動や自分の体重を自分の筋肉で支えきれなくなったときに起きやすい膝の痛みです。そのため、加齢によって引き起こされる可能性も高いといえます。

また、加齢によって膝にかかる負荷を筋肉が支えきれなくなると、膝の内側の半月板や軟骨の損傷を引き起こす可能性も高くなります。膝の外側の痛みは、長期的には膝の内側の痛みを誘発する可能性が高いため、放っておくことは危険です。

関節に腫れが伴う場合

膝の関節に腫れが伴う場合には、膝に関する何らかの病変があることも視野に入れる必要があります。リウマチや膝近くの血管が切れて血液が溜まったり、半月板の損傷から液体が膝周辺に溜まったりすることで痛みを誘発します。

特にリウマチは遺伝性のある病気で年齢に関係なく発症する可能性のあるれっきとした病気なので早急な対応が必要になります。膝の関節に病変がある場合には外科的な手術も視野に入れ、人工の膝関節に切り替えることもあります。

 

 

膝の痛みによって生活の質が落ちてしまう

膝の痛みは末期症状になると歩行も困難になってしまい、生活の質を落としてしまう可能性があります。痛みによって立ち上がることも億劫になってしまい徐々に何かをする気力を奪っていく危険な身体の信号です。ここでは、膝の痛みの末期症状ではどのようなことが起きてしまうのかを解説していきます。

歩くことが困難になる

第一に歩く楽しみが奪われてしまいます。日常生活を過ごす上で歩くということは非常に多くの行動を支える基本的な身体の運動です。料理を運んだり、買い物に行ったり、階段を上ったりとあらゆる人間の行動を支えてくれています。

また、旅行が好きな人には旅行先の綺麗な景色を見ることが楽しみな人もいるでしょう。そのような場面で歩くことが困難になるとあらゆる楽しみが奪われてしまいます。
そして、歩くことがままならなくなると、膝の痛みを治療するための通院すら苦痛、困難になってしまい、ますます悪循環へと陥ってしまいます。

仕事ができなくなる

膝の痛みが慢性化すると痛みによって歩行が困難になると同時に、仕事ができなくなってしまいます。生活を支えるために仕事に行っている方にとっては膝の痛みは大敵です。また、仕事に対してやりがいを持って取り組んでいる人にとっても痛みによって集中力を切らしてしまう要因になったり、素早い行動を阻害する要因になったりします

仕事は自己実現の一つの手段で、社会との関わりを継続していく上でも重要な行動です。これを膝の痛みによって邪魔されるのはもったいないことです。

立ち上がるのが億劫になる

膝の痛みは屈伸運動にも密接に関係しています。人が立ち上がるときにほぼ確実に行わないといけない運動です。もし、膝の痛みがあった場合には屈伸運動でさえも躊躇してしまいます。

立ち上がるだけで気力を使う状態は、そのほかの日常生活にも影響を与えます。例えば椅子に座ることや、便座に座るといった日常で避けては通れない活動全般に気力を使うことになってしまいます。このような状態になってしまうと、気力がどれだけ溢れている人でも、家の中で気力を使い果たしてしまいます。

総じて社会性が失われてしまう

上記のことから、膝の痛みが慢性化してしまうと、人付き合いや仕事をしてお金を貰うといった社会的な行動に制限がかかってしまうことが分かります。膝の痛みは運動だけでなく社会性まで奪ってしまう恐ろしい身体の異変です。

膝の痛みは慢性化する前の段階があります。朝起きると膝に違和感があったり、その違和感がずっと消えなかったりするのは慢性化の一歩手前と考えたほうが良いでしょう。慢性化によってできることが少なくなる前に治療を講じるべきです。

膝の痛みを治す方法は?

膝の痛みを治すには自力で直す方法や、薬に頼る方法などさまざまな選択肢があります。上記で解説したように、痛みが慢性化してしまうと治療に通院すること自体が億劫、苦痛になってしまう場合も考えられます。

できるだけ初期段階で膝の痛みをとり、再発しないようにすることが非常に大切です。この項目では膝の痛みをとるための治療方法について解説します。

病気が疑われる場合は病院で受診する

膝の関節が腫れていて熱を持っている場合には、病院で受診することをおすすめします。もし重篤な症状が引き起こっていた場合には一刻を争うこともあるので、病院での受診をなるべく早期に受けましょう。

膝の痛みの原因で病気として考えられるのは、リウマチや変形性関節症などが考えられます。病気でない可能性も否定できませんが、膝の痛みを治療する上でいま自分がどのような状況なのかを知っておくことが重要です。

加齢やスポーツによる痛みは筋力増加によって緩和できる

特に膝関節外側の痛みで、筋肉が膝に対する負荷に耐えられなくなった起きる痛みは筋力増加によって緩和できる可能性があります。筋力増加は病気以外の膝の痛みの解消に向けた自分で行える治療法でもあります。

ただし、自力で治療するにしても膝や膝周辺の筋肉に対する専門知識がないと、かえって膝の状態が悪化してしまいます。そのため基本的には専門家に頼って一緒に筋力増加に励むことをおすすめします。

まずは痛みをとるところから

膝の痛みを感じたらすぐに治療を始めたいと思うかもしれませんが、歩くことが困難であればまずは痛みをとるところから始める必要があります。痛みがとれないと緩和に向けた活動も難しくなるので、痛みを軽減させることを意識すると良いでしょう。

痛みが長引くとそれだけで、気力がどんどん失われていくので、できる限り初期の段階で緩和させるようにしていくことを考えてください。

薬を飲むことで痛みを緩和できる可能性がある

膝の痛みが病気由来のものではなく、炎症を起こして痛みが生じているだけであれば、市販の鎮痛剤で痛みを緩和できる可能性があります。ただし、市販薬でも体質に合わなかったりする場合もあるため、できる限り薬剤師をはじめ専門家とご相談の上、決めることが望ましいです。

薬だけでは根本的な治療にはならない

痛みを緩和させるために薬を飲むだけでは単なる対症療法であり、膝の痛みの再発を防止することができません。膝の痛みが慢性化する前に、再発防止のための何かを行わないと薬の量が増えていく一方になってしまいます。

薬の量が増えれば増えるほど身体の負担が増してしまいます。痛みのケアができたら、日常生活が送れるように根本的な解決法を行っていきます。

膝の痛みの緩和には整体に頼るのが一番良い理由

膝の痛みの再発防止のための方法は、長期的に付き合う必要があります。そのため、自力で良くしようとしても、途中で挫折してしまう可能性が非常に高いです。根本的な解決のためには近くの整体の利用が最も近道です。この項目では、膝の痛みをとるには整体の利用が良い理由について解説していきます。

自分の膝の状態が分かる

長期的な解決法では、ご自分の膝の状態を常に理解しておくことが軽減の手助けになります。また、日常生活で過度な負担を膝にかけていないかといった定期的なフィードバックを受けることで、生活習慣の改善にもつながります。

最寄りの気軽に立ち寄れる整体院であれば、病院と異なり待ち時間も少なく施術を受け、現状を確認した上でフィードバックを受けられます。

どうしたらいいか相談できるから安心できる

膝の状態を見ながら、自分のことをよく知った先生に今後の方針を相談できる点もポイントです。膝の痛みの再発防止には不安がついて回るので、最寄りに相談できる場所があると安心できます。

相談をすることで心の負荷も軽くでき、次のステップに進むためのモチベーションが上がることも期待できます。膝の痛みの再発防止に関する困難なことも先生と二人三脚だからこそ乗り越えられるはずです。

膝の痛みを薬や手術に頼らなくても緩和できる可能性が広がる

膝の痛みが慢性化すると、外科的手術を行って人工関節に切り替える可能性もあります。また、痛みを緩和する鎮痛剤の使用もあるでしょう。初期の頃から整体に通い、カウンセリングを受けながら再発防止に努めれば、このような状況も避けることができます。

薬や手術は身体への負担が大きく、多くの方にとって、できれば避けて通りたい方法です。たとえ治ったとしても、その後またリハビリが待っています。長期的に見れば、整体に通うほうが自分の身体への負担が最も少なくなる可能性が非常に高いです。

人に寄り添ってもらいながら治療できる

整体の最も優れた点は、先生との距離が近い分、自分の考えや状態を理解してくれることです。例えば、仕事で忙しく、身体を労われなかったときに怒るだけでなく理解を示してくれます。人格や性格、生活の状態などを理解してもらいながら施術が進んでいくと、挫折も少なくなります。

また、整体は人の手が直接触れて施術が行われます。手で直接、施術されることで、本当に自分に寄り添って整体をしてくれていることを感じることができるはずです。

膝の痛みがなくなると起こること

整体の施術で膝の痛みが再発しなくなるとさまざまな良いことが起こります。膝の痛みは先述したように、歩行が困難になって、立ち上がることも億劫になることで社会性が徐々に失われていきます。

最後の項目では、人に社会性を失わせる膝の痛みがなくなると、どのように良いことが起きるのかを解説していきます。より具体的には人生において様々な楽しみが生まれることになります。

歩くのが楽しくなる

今まで歩くだけで膝の痛みを感じていたところ、整体での軽減を通して徐々に再発しなくなると、歩くことが楽しくなります。歩行は日常生活の大部分を占める基本的な運動なので、さまざまなことに精力的になれるでしょう。精力的になればなるほど、いろいろな行動に対して充実し、より行動的になるという良い循環が生まれます。

充実した毎日が送れる

膝の痛みが再発しなくなり、歩くことに前向きになることで、さまざまなところに出かける気力も湧いてきます。いろいろなところに訪れることで、新たな目標や生きがいを見つける機会が増え、挑戦もできます。毎日の生活に張りができ、何をするにしても楽しい状態が生まれるようになります。

まとめ

膝の痛みが原因で困っている方は老若男女問わずたくさんいます。重要なのはできるだけ早期に痛みをとり、再発防止の何かを行うことです。その何かを行うときには人に寄り添った施術ができる整体をおすすめします。関内・横浜市中区・馬車道で整体をお探しなら「手友館」へお越しください。お客さまに合った解決方法を見つけ、快方へのお手伝いをいたします。

お気軽にご相談ください 関内駅徒歩2分 横浜で16年の実績 本格整体 手友館

おひとり様ずつ丁寧に施術するため予約優先とさせていただいております

ネットで予約
LINEで簡単予約
電話番号: 045-681-9022
9:00〜時間応相談

お願い

お一人ずつ集中して施術させていただくため、お問い合わせ・ご予約に関しては
お問い合わせフォーム・LINEのご利用にご協力頂けますと幸いです。