妊娠中のお悩み解消! 産後にもおすすめのマタニティ整体とは?

妊娠中のお悩み解消! 産後にもおすすめのマタニティ整体とは?

妊娠にともないお母さんの身体にはさまざまな変化が起こります。腰痛や頭痛、つわりや身体のだるさなど妊娠特有の症状につらい思いをされている方も多いのではないでしょうか。でも、お医者さんにお薬を処方してもらうというわけにもいきません。そのような際におすすめなのが「マタニティ整体」と呼ばれるものです。マタニティ整体とは整体院で行う妊婦の方を対象にした優しい整体です。妊娠中のお悩み解決だけでなく、骨格をやさしく矯正することでお母さんと赤ちゃんを安産へと導くお手伝いをします。漢方に、安胎薬というのがあるように、整体には、マタニティ整体というのがあります。今回はマタニティ整体とは何かご説明します。

マタニティ整体とは?

お母さんと赤ちゃんのためのマタニティ整体

「マタニティ整体」という言葉をご存じでしょうか? 妊娠中、お母さんは妊娠前の身体と比べると大きな変化を伴います。身体がその変化に対応しきれずに負担がかかってしまったり、妊娠特有のつわりや腰痛を患ったりする方も多いかと思います。マタニティ整体を行うことでそれらの症状を和らげることができます。また、現代の女性は、骨盤に歪みを抱えている方が非常に多く、この歪みが妊娠中の不調をより大きくしている要因になっています。

また、骨盤が歪んだままになっていると子宮や産道を圧迫してしまい、お腹の中の赤ちゃんが窮屈になってしまったり、スムーズな出産にならなかったりすることもあります。お母さんの身体が整うことで新鮮な酸素や栄養分が届けられ、お腹の中で赤ちゃんが健やかに育つことができます。整体による調整、施術は、お母さんの身体をほぐしリラックス状態へと導きます。母体がリラックスした状態になることは赤ちゃんにとっても大切なことです。マタニティ整体は、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもいい影響がたくさんあるのです。

妊娠中に整体を行っても大丈夫なの?

整体をイメージすると、痛くて骨をボキボキさせて……妊婦さんが行っても大丈夫だろうか? と心配になる方も多いと思います。もちろん ご安心してください。

マタニティ整体はソフトな施術になります。妊婦さんに無理を強いる体勢をお願いすることはありません。仰向けや横向き、立ったまま等でやさしく筋肉をほぐし身体の歪みを取り除いていきます。あまりの心地良さに眠ってしまうという方もいらっしゃるくらいです。身体の調子は人それぞれですから一人ひとりに合った、無理のない施術になります。どうしても心配な方は、その旨をお伝えいただければ大丈夫です。

どの時期に行けばいいの?

受けることができるはっきりとした開始時期はありません。また、推奨される時期も整体院によってさまざまです。基本的には安定期から臨月に入るまでの、妊娠16週目以降妊娠8ヶ月目より前の時期を推奨されているところが多いようです。しかし一番の目安はお母さんと赤ちゃんの体調です。無理のない通院時期と頻度を相談しながら決めるようにしましょう。また、マタニティ整体にかかる前には産婦人科の担当医師の方に必ず確認をとるようにしてください

妊娠中に起こる身体の変化

妊娠中に起こる身体の変化 ~骨盤~

妊娠をすると出産に備えて身体に変化が起こりはじめます。妊娠7ヶ月あたりになると徐々に腰が痛みはじめます。それもそのはず、妊娠すると短期間で体重は8~10㎏前後一気に増加します。体重の増加スピードに筋肉が追い付かず腰に負担がかかるのです。また、靭帯や関節を緩めるために「リラキシン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。靭帯や関節でなく骨盤や産道も緩く開きやすい状態になります。同時に緩んだ骨格を支えるために筋肉が硬直をはじめます。骨格が緩くなったことで身体に歪みが生じやすくなり、筋肉が硬直することで腰や肩などあらゆる箇所に痛みを感じるようになるのです。

妊娠中に起こる身体の変化 ~その他~

また、妊娠するとツワリ、身体のだるさ、肩こり、むくみ、便秘等も感じるようになります。短い期間で体重が大きく変化するため変化についていけず、身体に不調を感じる機会も多くなります。マタニティーブルーといわれるような抑うつ状態に陥り、精神的に不安定でイライラや不安などの症状も出てくることがあります。

産前のマタニティ整体

妊娠中に起こる身体の変化にともない、お母さんは身体の不調を感じる機会も多くなってきています。また、出産準備のために緩んだ骨盤が歪んでしまうと赤ちゃんが生まれてくる産道に支障をきたし、赤ちゃんがスムーズに出てこられない可能性もあります。そこで対策の一つとして効果的といわれているのがマタニティ整体です。次はマタニティ整体のメリットとその理由についてご紹介します。

つわりの軽減

つわりは妊娠中もっともつらい症状の一つといわれています。実は整体にはこのつわりにも効果があるとされています。ツボを押す、身体全体を緩めてリラックスさせる効果があるといわれる硬膜を緩めるなどは、つわりを軽減させる効果が期待できます。

心を落ち着かせる

身体の歪みは精神的にも大きな影響を及ぼします。妊娠中のストレスや不安により緊張状態の身体は肩や背中がこわばり硬くします。呼吸が浅くなり十分な酸素が身体や頭に回らず、身体の不調やネガティブな思考に陥りやすくなります。

また、首や背中など脊椎の周辺には神経が集中しており、その部分がこわばることで自律神経が上手く働くことができず、精神的に不安定になりがちになるのです。整体により肩や首、背中の筋肉をほぐし、歪みを取り除くことでリラックス状態へと導き、自律神経の正常化も見込めます。また、骨盤周辺の歪みも自律神経が乱れる原因となります。ナゼかと言うと、骨盤の真ん中の骨、その前面に、自律神経が多く通っているからです。骨盤の歪みは、それらの神経の流れを乱します。

腰痛の改善

出産が近づくと、リラキシンというホルモンの影響で骨盤が開きやすく、筋肉が硬くなり、腰痛をともなうようになります。整体により硬くなった筋肉をほぐしてあげることで腰痛へアプーローチします。骨盤が歪んでしまっている場合にも腰痛を感じやすくなるため骨盤の歪みを矯正することでも腰痛を和らげることができます。

肩こり/首こりの改善

肩コリや首のコリも、多くの妊婦さんが抱えていらっしゃる悩みの一つです。妊婦になると短期間で一気に8~10㎏以上もの体重が増えます。もちろん、お腹部分も大きくなります。お腹の重みを支えるために、腰だけでなく肩や首にも負担がかかります。他にも、スマホを触ったり本を読んだりすることで、その姿勢が肩や首に負担をかけているということも少なくありません。お腹のケアのために下を向く姿勢が増えることも、肩や首のコリにつながる原因となります。こまめにストレッチを行い、定期的に整体施術で肩や首のコリをほぐしてもらうことで慢性化するのを防ぐことができます。

ホルモンの正常な働きを促す

女性は妊娠、出産にかけていろいろな種類のホルモンが分泌されます。その多くのホルモンが関係しているのが骨盤の働きです。骨盤が歪んでいるために正常にホルモンが分泌されないということもあります。骨盤の歪みを整えておくことで、スムーズなホルモンの分泌を促し、出産に備えます。

逆子や難産の予防

骨盤が歪んでいたり、骨盤周辺の筋肉をほぐしたりすることは逆子や難産の予防にもなります。また、骨盤が歪んでいるとお腹の中の赤ちゃんの動きが制限されてしまうばかりでなく、逆子になりやすいともいわれています。赤ちゃんがお腹の中で快適に動けるよう、スムーズに産まれてくるようにするためにもマタニティ整体はおすすめです。

むくみの改善

妊娠中には、むくみに悩む妊婦さんも多くいらっしゃいます。お腹の中の赤ちゃんに栄養を送るために血液中の水分が増加することによって、血液濃度が薄まり、むくみが生じるといわれています。血行不良等で、身体の中の水分や老廃物を上手に排出できていないことも原因です。身体の歪みや凝り固まった筋肉をほぐすことで血行が良くなり、溜まっていた水分や老廃物が適切に排出されることで、むくみが解消されるケースもあります。妊娠中毒症にも作用します。

産後のマタニティ整体

産後の骨盤の状態

出産準備の際に骨盤は横に大きく広がります。産後は大きく開いた骨盤を3~4ヶ月かけてゆっくりと縮ませながら戻っていきます。しかし、現代のお母さんは骨盤周辺の筋肉が少ない、もともとある骨盤の歪みなどにより上手く正常な位置に骨盤を戻すことができません。骨盤が戻る3~4ヶ月の間はもっとも骨盤が開きグラグラした状態です。この時期は背骨への影響も大きく、無理な体勢をとってしまったり、歪んだ姿勢を維持し続けたりしていると、産後の身体に悪影響を及ぼすことになりかねません。ミリ単位の骨盤のズレでも、イタいツラいに影響する場合があります。この時期、適切な状態に骨盤を戻すことは、とても大切なのです。

開いた骨盤を放置するリスク

産後、開いた骨盤を放置する。歪んだまま元に戻ってしまうことで、どのような弊害が起こってしまうのでしょうか。

体型が元に戻らない

お腹周りの脂肪が落ちにくい、ポッコリお腹がいつになっても解消されないということが起こります。また、太もも周りのお肉が落ちずに悩まれる方も多いです。

猫背姿勢が治らない

骨盤が前や後ろに傾いてしまうことで脊椎とのバランスがとりづらくなり、猫背姿勢になります。姿勢が悪くなるということは、骨盤だけでなく身体全体の歪みの原因となり、さまざまな身体の不調の原因を引き起こすキッカケとなります。

腰痛、肩こり

骨盤や骨格が緩くなってしまうことで、腰回りの筋肉が硬直し、腰痛が引き起こされます。腰の痛みをかばい、無理な体勢をとり続けてしまうことで身体全体に大きな負担となってしまいます。

尿漏れ

お産への準備段階として、骨盤が緩みはじめますが、それにともない骨盤を支えている骨盤底筋と呼ばれる部分も緩みはじめます。出産が終わって骨盤が緩んだ状態を放置しておきますと、骨盤底筋も緩んだ状態のままになってしまい、尿漏れやお湯漏れになりやすくなります。

産後にも整体を取り入れよう

産後はいつから整体にかかって大丈夫?

骨盤が開いたままの状態が長く続いてしまいますと、その状態のまま骨格が固まってしまい、骨格位置に合わせた筋肉がついてきてしまうため、元に戻すのに時間がかかってしまいます。また、産後の体型から元の体型にも戻りづらくなってしまうでしょう。産後の骨盤矯正は早い方が望ましいですが、無理は禁物です。産後10日頃から矯正することは可能ですが、骨盤は3~4ヶ月かけてゆっくり戻っていくものですので、出産後1ヶ月は身体を労わってあげてください

産後の腰痛やむくみ、冷え性改善が見込める

産後に整体、骨盤矯正を取り入れることで腰痛が劇的に軽減されます。また、全身の筋肉をほぐし、全身の骨格を矯正しバランスがとれることで身体本来の機能が高まり、代謝が良くなり、むくみの改善、肌質の向上、冷え性改善等が見込めます。

産後太りと妊娠線にも作用する

出産後のお悩みとして多く挙げられるのが「産後太り」と「妊娠線」です。新陳代謝の活発化を促す整体は産後の体型戻りをスムーズに行えるサポートとなりますし、骨盤周りの歪みのポッコリお腹や太ももの脂肪を落としやすくしてくる効果も期待できます。また、整体は筋肉にも直接働きかけることができるため、筋肉にハリとしなやかさをもたらし、妊娠線を目立たなくさせることもできます。産前だけでなく、産後にも整体はさまざまな嬉しい作用をもたらしてくれます。産後で疲れた身体のリフレッシュとしての利用もおすすめです

まとめ

マタニティ整体とはどのようなものなのか、また、そのメリットなどをご紹介しました。マタニティ整体は妊娠中のお悩みの解消や、スムーズに赤ちゃんが生れてくるためのみならず、産後の身体を健やかに整えることを目的としてもご利用ください。特に産後は骨盤周辺をはじめとして不安定な状態が続いています。全身の骨格も歪みやすくなっている時期なのでこの時期にいかに早く身体を整えてあげるかが大切になります。

整体は一度の施術で良くなるというものではありません。何度か通院いただくことになります。通う頻度や施術時間も、身体に無理のないペースを整体師さんと相談して行うようにしてください。

横浜市中区・馬車道、関内にある整体院「手友館」では、妊娠中や産後のマタニティ整体も行っております。一人ひとりに合わせたペースで丁寧に施術しております。マタニティ整体に興味のある方は、ぜひ一度当院へ お越しくださいませ。もちろん、お電話での お問い合わせも大歓迎です。

お気軽にご相談ください 関内駅徒歩2分 横浜で16年の実績 本格整体 手友館

おひとり様ずつ丁寧に施術するため予約優先とさせていただいております

ネットで予約
LINEで簡単予約
電話番号: 045-681-9022
9:00〜時間応相談

お願い

お一人ずつ集中して施術させていただくため、お問い合わせ・ご予約に関しては
お問い合わせフォーム・LINEのご利用にご協力頂けますと幸いです。