(加筆中)便秘、整体・東洋医学の視点からですと、こうです。

写真は

2003年12月発行の資料です。

ちょうど、

整体の現場に出た頃の資料でした。

改めて読み返してみました。

 

そして、

気づいたのは、

16年を経た今現在でも十分、

通用する情報でした。

 

 

ダイエットの流行や理論は

毎年コロコロ変わります。

 

それに対して

東洋医学の情報は不変だなぁ、

と感じました。温故知新ですね。

 

では、

便秘解消を

東洋医学を通して

説明していきます。

 

御存知だと思いますが、

 

そもそも便秘とは、

 

お通じがワルくなり、

3日以上トイレで出ない。

 

その状態が

繰り返し繰り返し

起きてくると便秘ですね。

 

 

ではナゼ、

3日以上トイレで出ない状態に

なってしまったのか?

 

西洋医学では、

・機能性便秘と

・器質性便秘に分け

薬を処方してくれますが、

 

 

東洋医学では、

《食毒》という状態と

考えます。

 

簡単に言うと、

疲労やストレス、暴飲暴食などで

胃腸の運動機能が低下し、

食物が体内で滞る体質に

変化する、と考えます。

〝食〟で起きる不都合全般を

〝食毒〟といいます。

 

食毒からの影響で

五臓六腑のドコかの機能が

低下する、と考えます。

 

 

五臓六腑では、

・脾(消化器系)と腎(水分代謝、排出機能)

・胃、小腸、大腸

 

この中にドレかの

機能低下が関連します。

 

この機能低下が

ドコで起きているのか?

それを調べるための

東洋医学の検査があります。

 

 

 

 

お気軽にご相談ください 関内駅徒歩2分 横浜で16年の実績 本格整体 手友館

おひとり様ずつ丁寧に施術するため予約優先とさせていただいております

ネットで予約
LINEで簡単予約
電話番号: 045-681-9022
9:00〜時間応相談

お願い

お一人ずつ集中して施術させていただくため、お問い合わせ・ご予約に関しては
お問い合わせフォーム・LINEのご利用にご協力頂けますと幸いです。